2017東京HC檜原ステージに参加しました

起床時59.9kg やった!60㎏クラブ脱退だ!

・・・(m´・ω・`)m ゴメン…誤差デスヨネ

去年より2㎏ちょい重い。60㎏で東京HC出るのは4年前の成木以来か。
あんときゃ人生最悪クラスの慢性疲労モードで走る前か屍だったな。。。
でも今日は体調は良かった。
鼻水は相変わらず酷いけど風邪の症状で残ってるのはもう鼻水だけなので
鼻を頻繁にかまないといけない以外のネガティブな要素は一切なし。
実戦初投入のサンボルトProfitセパレートワンピースのバックポケットには
タオルハンカチ3枚(結果レース中2枚使用

今年は560人?いつもながら東京HCではここが一番参加者多いです。
でも今年は清宮さんが見当たらない。
となると岩島さんと有村君が知ってる中ではライバル。
と言いたいところですが今の自分のパワーウェイトレシオだと総合表彰台すら怪しい。


なるようになれ。レーススタート。
先頭に並んでたのでまず自分が先頭で牽く。
ちょっとすると一人が逃げてそれに最終的に4人合流して5人逃げが生まれる。
追走集団は自分以外前に出てくる気配がなく「おいいい加減にせえよ・・・」
とペースを大きく落としたくなってきたタイミングで8823のS伯さんが交代して下さる。
しかし、後が続かないw 50代の選手が頑張ってくれてるのに。
数馬の湯までは後方で足温存が正解なんだけどロードレース慣れしてないので
痺れを切らして単独ブリッジ┌(_Д_┌ )┐
しかし私が逃げ5人に追いついたとこで、振り向くと追走集団も追いついてきてる。
有村君岩島さん中心に後ろもペースアップしたようだ・・・

そこからはほとんど決まった面子で先頭交代。
岩島さんが前牽く時が一番きつくてこれは今日は強そうだ。
有村君、初めて同じレースの同じ集団で走るAbeci君も余裕がある。
時折集団から飛び出してたUNOのH田選手も印象的だった。
そんなこんなで数馬の湯までは大集団。
数馬の湯からのヒルクライム区間に先頭で入ったのでそのまま自分がペースを上げる。
九頭竜神社あたりで岩島さんが先頭に出て牽き始める、これがキツイ!
我慢しつづけてると岩島さんもローテ要求してきて数人で回すことに。
岩島さん以外の人のペースならまだ耐えられる。
にしてもロッククレイトンとか全然前に出てこなくて、集団に残ってるのはわかってるけど
レースに絡んでこない。
そんなこんなで都民の森前を通過する一瞬勾配が緩む箇所で岩島さんが凄まじいアタック!
今まで自分がヒルクラレースで見てきたアタックとは別物というか本物のロードレーサーの、
パンチャーのアタックでした。自分からしたらスプリントやあれw
誰も反応できず見送るしかできない。すぐに岩島さんは見えなく。
すると今度は雨宮君がアタック!これも凄い勢い!
というか雨宮君いたんかーいw
ここまでレース中全く自分の視界に入らなかったので「え!?あれ誰?」
ってなりました( ゚д゚ )??
あのアタック打てるなら何故岩島さんのアタックに反応しなかったのかと
レース後聞いたら、誰か反応するだろうと一瞬見てしまったらしい。
残念ながらあの時集団内で反応できる脚残ってたの君だけだったのだよ。。。

以降は3番手集団7人が特にけん制も無くペースアップもペースダウンもなく
それまでのペースで淡々と。
下り含む高速区間に入ったところでスプリントに備えて先頭に出てきた
ロッククレイトンに並ぶ形で高速コーナーを曲がった際に後ろでトラブルの音が。
どうやら誰かリアスリップした模様。落車にはならなかったけど後続が一瞬遅れる。
その隙をついてクレイトンがスプリント開始。
自分は冷静にそこに憑いて、あとはタイミングを計って・・・と思ったら
案外早くクレイトンがタレてしまったので今の自分にはちときつい早目のスプリント開始。
しかしやはりちょっと自分のレンジからは長くて弱気になり後ろをチラ見。
最近レースでもZwiftレースでもスプリントミスってばっかりなので
またやらかしてしまったんではないかと余計なことを考えてしまう。
最後は、前に見えている雨宮君を目標に切り替えてあらん限りの力でもがいてフィニッシュ。

東京HC檜原ステージ 総合3位  55分44秒

22154415_895238223968376_1751578230147930432_n.jpg
22050160_895238327301699_5241248308492569516_n.jpg


岩島さんとは39秒という圧倒的と言っていい差。雨宮君は最後緩めてたので縮めて3秒差。
トップ9までが55分台というハイレベルな大会でした。
でも岩島さんとも話したけど、都民の森で岩島さんがアタックするまで集団ペースは
ちょっと緩かったよね、と。
まあ私は苦しくて苦しくて限界ペースでしたけど60㎏の自分がついていけてるんじゃ
大して速いペースじゃないんだろうなとレース中思ってました。
実際3番手集団のタイムは優勝した岩島さんに比べれば遅いです。
でも今年はそのメイン集団の人数が多かったのでハイレベルとなりました。

DLAhNFYUEAA_YWn.jpg

改めて精神的にも肉体的にもやっとシーズンインしてくれた!という感じです。
他人事のようですが自分ではどうにもできませんでした。
他人に何かしてもらったわけでもないです。
何故か赤城終わったらそうなっていた、変わっていた。
風邪という一時的な嫌がらせはうけたものの抗生物質生活40日の成果が出たのかな。
約3カ月実質シーズンオフな生活を過ごしてきたので飽いたのかも(;^ω^)

で、でももう今年のヒルクラこれでおしまい・・・つら・・・
来週は火曜~木曜まで西日本旅行に行ってきまーす。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント