戦いは続く

20952981_876151859210346_4266040259941641932_n.jpg

副鼻腔炎の治療を再開して1週間経つけど僅かに良くなったかな?
体感的にはその程度の進捗。
それでも出来る限りのことはしている。
俺の出てない乗鞍なんぞ知らんわ、知ってもソウルジェムが濁るだけや
とばかりに先週は一切の情報をシャットアウト。

23日 33.4km 1:37:26 20.6kph 91W
24日 ローラー27:28 145W
25日 Zwift - WBR 4 Flat Lap #pst 57:31 268W
26日 山伏2本 75.55km 24.5kph 127W 990m↑
27日 青梅街道流し 28.2km 1:02:14 27.2kph
27日 Zwift - KISS 100km A途中離脱  41:33 217W

2013年の交通事故以来右足の筋肉群にダメージが蓄積しやすくなって
それ以来幾度もロングで辛い思いをして苦手意識を越えいつしかロング=痛み
というトラウマになって長い距離、時間乗ることが激減したことは以前も書いた。
しかしここ二か月は息苦しさと鼻水(水じゃねえんだよなスライムなんだよ半分個体)
の処理を続けながらの練習にほとほと嫌気がさしてもっともっと実走が嫌いになった。
1時間~2時間の練習でもうタオルハンカチは汚染され尽くしてかめる場所が無くなる。
この夏、トイレの洗面所や公園の水道で何度タオルを洗ったことか。
26日の山伏練でも2時間走った段階でハンカチは使い物にならなくなった。
出力的にはアクティブリカバリーといえる日が幾日かありますが
違います。全部全力です。もうこれ以上無理というペースで走ってます。
練習だろうとツーリングだろうとポタリングだろうと辛さは一緒ということ。
不快さが大きすぎて楽しさの無い練習したって何の価値もない。QOL的意味で。
なので1回の練習時間を更に減らして1時間前後に限定することに決めた。
ローラーなら汗拭き用の大きなタオルで鼻をかめるので実走より快適だし
ローラーの練習時間として1時間は丁度良い。
実走も1時間なら何とか ストレス<走る愉しさ と感じられる。

乗鞍DNS決めたのでご飯と麺類たっぷり摂ってスイーツは毎日2000~3000㌍はとったかな。
先週は菓子パンとケーキ漬けの毎日でした。
そして今週に入ってからまた食事をシーズンモードに。

月曜 青梅~奥多摩往復  38.9km 36.4kph 239W
火曜 同じコース             34.5kph 203W
水曜 あさめし練  パワータップ付けなかったので特にデータ無。

昨日の練習後体重計乗ったらビックリ58.1kg
おかしい・・・どう見ても60kg台の腹と脂肪なのに・・・・自転車乗る僅かな時間以外は殆ど
横になっていたから筋肉が減ったんでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント