継続は力なりというが

どうも、競技者として軸がブレてブレブレな男です。
どのくらいブレてるかというと週替わりくらいです。
低糖質な食生活で体重減らしたかと思えば
炭水化物ひたすら食べまくったり
外を乗り込みまくったかと思えば
ローラーの短時間練習しかしなくなったり。

どれをやっても何かうまくないなってなってすぐやり方変えちゃう。
本質的に飽きやすく気まぐれなんで、怪我してさえなければ多少病気してても
自転車に乗るということだけは続いてるものの練習方法や食事管理は
行き当たりばったりというか滅茶苦茶です。

例えば奥多摩HC~枝折峠HC~5thSSAまでの2~3週間は低糖質ダイエット
というほど徹底はしてないものの糖質控えて順調に体重落としてましたが
体調はほどほどなものの脚の調子が上がらないので先週末からは逆に
カーボローディングしまくってます。

火曜は午前にクリスクロス2分(平均320W)1分(220W)×7
午後にVo2maxOverdriversを5分2本(310W , 305W)

水曜はZwift XRS - ZTR TUESDAY NIGHT RACE (B) 55分245W
カテBにて。途中1回5秒ほどパワーロスト。カテBなので何とか5人集団に追いつく。
そろそろ最終周回に入る3/4周目終盤の上りでセレクションをかけるようなペースアップ
が起こったタイミングでまた5秒ほどロスト。流石にやってられっか!って気分になってDNF.

多分Kickrは悪くなくて3mもの延長USBケーブルとANT+ドングルが良くない。
ケーブルはなるべく太くてノイズ干渉に強そうなの選んだんだけどドングルが悪いのかなあ。

自分は炭水化物をカロリーの中心に置かないと練習でパワー出せないようです。
でもまだ調子が悪く苦しい状況が続いてる。
やはり風邪をひくのは自分にとって致命的なのだと最近改めて思う。
以前は「風邪ひくと取り戻すのに1ヶ月くらいかかる」という考えでしたが
近年は風邪で1週間、風邪が治ったあと必ずこじらせて副鼻腔炎が発症するので
1週間+1ヶ月~2カ月低迷するというのがパターンになってしまいました。
去年や一昨年の経験から副鼻腔炎は1ヶ月で治まる、乗鞍までには治っていると
見込んだんですがそれが甘かったようでまだまだ治る気配がありません。
レースシーズン只中なので、この”何をやっても上手くいかない”ジレンマと焦燥感が
倍のストレスが心と体にかかってきて吐き気や頭痛すら覚える。

もう一人で四国か九州にでも行って三か月くらいサイクリングしたい・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント