疲労残しでレースに臨んでみる

レース歴7年。レースのある週は足の疲労を抜く。
前日前々日はフルレストか乗ってもアクティブリカバリー程度。
木曜からそうすることも割とよくある。
今までずっとそうしてきました。
トライアンドエラーの結果それが良いという結論に達したわけではなく
ただ漠然と疲労あるより無い方がいいんじゃないかなって程度の考え。

でもなんだーかんだーレース当日に絶好調感感じることなんて1年で1度
有るか無いかというくらい珍しいことで。
そろそろ自分に合うレース週の調整法を探ってみていもいいのではないか?
チャンピオンクラスで戦うようになって6年になりますが今更ながら
そう決意し今週は疲労溜めたままレースに臨むことにしました。
多少当日に疲労残っても高負荷を脚に染み込ませる、みたいな発想。


木曜クリセン坂と山伏峠でTT   
クリセン坂  1:21 452W
山伏峠  11:18 331W

出発前体重57.5kg  重いな・・・朝飯は700カロリー摂ったけど
出発してすぐ空腹を感じる。引き返して家で何か食べた方がいいか・・・
文無しで出発しちゃったしなあ、とgdgd悩みながらそのまま走り続けて
クリセン坂を全力で上ったものの脚は回復してるのに力が入らない。
でも気合い入れてなんとか山伏峠全力でPB更新。
グリフィンのソーヘー君が持ってるKOMにはまだ及ばないけど
あと1㎏でいいから体重削って飯食ってから出て涼しい時間帯にチャレンジすれば
パワータップホイールでも更新いけるかな?まあどうせなら妥協せず
シャマル使って11分切ってみたいなという野望があります。

DCVX6aqUQAAZylF.jpg

結局この日は山伏1本で終了して帰りました。腹減って死にそうだったのでw
帰宅後空腹で追い込んだ反動か強烈な疲労感で昼飯含めて
2000カロリーくらい摂取して減量的な意味では練習台無しw

金曜は少しでも体重削る為朝食前街道流し。151Wで85分
朝食後ローラーSST20分251W

練習終えたあとは実業団レース用のアレーの重量調整。7kgジャストになりました。
家を出て栂池に向かって出発する夕方にはジャスト56㎏になってねーかなー(願望
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント