2017東京HC成木ステージに参加しました

いやはやとんでもないことになってしまった(またかよ
ハイレベル成木HCでした。

まずは前日から振り返り。なんもしてません。いやしてたか。
昼飯はクレープハウスコロモで生クリームチョコカスタードクレープと
この日限定のSweets10Sweetsクレープ。

18670769_825461150946084_2338520146829949_n[1][1]
18664195_825461137612752_3441701056639830424_n.jpg

うめえ・・・スイーツ最高!金土フルレストして右足の痛みも回復。
昼飯前の体重は57.1kgでした。22時就寝で5時起床。
起床時体重は55.9kg・・・何が減った!?よくわかりませんホント。
朝食はフルグラとメロンパンとスコーン。ローラーアップ後にジェル2とバナナで
出発前体重56.2kg
軽いのはいいんですがローラアップ中から凄い心拍が高い。緊張や興奮のせいなんですが
簡単に上がっちゃう上に高い値が楽に感じるかといえば数値なりの苦しさ(;´Д`)
あとなんか腹に力が入らないというか空腹感に近い妙な感覚。
それがあったので予定外のバナナを食べておいたんですが・・・レース中もこんな具合でした。
まあ短期間で体重を減らし過ぎたせいでしょう。

会場に着くと知り合い沢山。どんどん知り合い増えますし地元ですしね。
それにしても事前情報で知りえた限りだと「これ先週の蔵王よりレベル高いだろ」
と思っていた第一スタートの面子ですが、あくまでそれは事前に知りえた範囲だけで、
想定はしてましたが実際はもっと濃かったです( ゚д゚ )
パパクラさん、嘉瀬君、乾さん、岩島さん、ゴト吉さん、ぐんまちゃん、パラ君
ロッククレイトン、水谷君、初対決となった高校生有村君に
誰も参加に気付いていなかった最大のダークホース高橋さん。


スタートして1㎞も経たないうちにロッククレイトンが逃げアタック。
それを皮切りに数人が先行したり捕まったりとにかく過去になく動きの激しい
前半の平坦基調区間でした。ハイペース→平均ペース→ハイペースという具合で
緩む瞬間がほとんどない。
私は最前列に並んだこともあって常に前目に位置。
ほとんどパパクラさんの後ろについていましたが
成木の家まであと1㎞くらいということころで後方にいた有力選手たちの
前に進出しておこうという動きが活発化し前に上がれない状態になって
しまったので隙を見て外から捲って成木の家を通過する前にはフロントラインに。

例年なら成木の家を通過してからの平坦で緩むんですがここからパパクラさんが
緩む隙を与えないハイペース(゚Д゚;)
彼の番手に食らいつきながら自分にとってはオーバーペースであることは自覚してました。
が、ちょっと意地になっちゃいましたね。
民家が途切れる最初の急勾配でパパクラさんがアタックした時は流石に
これは無理と早々に諦めてここからペース走に切り替えました。
嘉瀬君とぐんまちゃんがこれについていき、見慣れぬティンコフサクソジャージの
若者と2名に。
すぐに後方からサンボルトのスキンスーツを着た大柄な選手が追いついて
きて少しの間3名パックに。この時に二人のゼッケンを確認して
今年実業団群馬2dayで連勝してる高橋選手と日の出2位の高校生、
有村選手であることを確認。
初顔合わせで市販ジャージじゃ名前見ないとわからないですね流石に。

高橋選手はまだまだ明らかに余力があってすぐに我々を突き放し先頭集団に合流。
10m~20mほどの差。
自分はもう脚も心拍もフル回転で全く余裕なし。幸い脚の痛みは無かったですが
やはり丹田に力が入らないなーという感触。
体重落としてパワーも落としてしまう悪い例でした今回は。。
我慢の走りを続けているとかなり早い段階で嘉瀬君がまず失速して下がってきます。
しばらくは私たちとのパックで粘ってましたが徐々に離れていき、
そして太鼓応援の前後で前方のぐんまちゃんも失速しているのが見て取れました。
ペースを落としても粘りの走りをする人なので捕まえられるかどうかは
わからないなと思いながらあくまで自分のペースを守って走って残り1.5kmの前後で
ぐんまちゃんをパス。

ここからは完全に有村君に憑いて我慢して我慢して、ラスト500m看板過ぎて3位の可能性が
見えてからようやく「2、3位は賞金2万、4位以下は1万、この差はデカい!負けられない!」と
最後の燃料を点火するスイッチが入って去年より色んな意味で情けないスプリント開始。
無事先着して3位確定。

東京HC成木ステージ 総合3位 24分14秒

おったまげです。去年に比べて何かチグハグでしょーもない走りだった私すら
自己ベストタイムでよっしーさんのレコードに並んだんですが
優勝した高橋選手は23分59秒の堂々たるニューレコード。
パパクラさんもそれに3秒差の24分02秒。.
東京HCシリーズは総合7位以下の選手たちは年代別入賞者として割り振られるんですが
その面子の豪華さとタイムが・・・過去のこの大会のリザルトと比較すればわかりますが
確実に総合入賞や優勝争いしておかしくないタイムです。
去年は賞金が出ることがあまり知られてなかった上に1位のみでしたが
今年は1位から6位まで賞金が出るということで1000人規模のメジャー大会並のレベル
となった今年の成木でした。

四連覇を逃しO西代表に謝るワタクシ。

DSC_1594[1]


今年の総合上位6名のポディウム

DSC_1602[1]
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

とれたまさん強いですねー!

蔵王ヒルクライムの結果出ましたね。
再度、電話問い合わせで確認してみましたが年代別にて6位以内
でした(;´Д`)

次はMt.富士ヒルクライムに出る予定です!
お互い頑張りましょう!

登りに強くなるには登るしかない!の精神で(笑
先日に白石峠を5本登りました。
さすがにきついですが良い筋トレになりました。
(L4下限 ですが…

No title

>なん面さん

蔵王くらいの大会なら入賞枠は6位まで欲しいですよね。
惜しかったですね。
Mt富士でベストを尽くしましょう。

そうそう登るしかないんですw
全力1本も大事ですがSSTで上る練習も大事ですね。