原点回帰、そして挑戦

練習を再開してからまだ最大2時間弱しか走っていない現状で
3時間以上、それも長距離の登坂区間を含むコースを走り切れるか(痛みなく
そんな挑戦をした土日でした。

土曜練 青梅~風張峠奥多摩側から~青梅  87.96km 3:09:21 27.9kph 1,307m↑

C9bQonJUAAE12J0.jpg

完走が目標。少しでも軽くするためパワータップでなくシャマルで。
旧奥多摩HCコースでTTしたところ30:42とまるで初めてレースデビューした
2010年の奥多摩HCの頃の”練習タイム”(;´Д`A ```
本番タイムは29分台後半でした。
山頂付近で膝裏のハムに痛みを感じ始めましたが追い込みすぎないように
注意してたので下り中に回復し無事痛みも違和感も特になく全行程を完走しました。

が、練習後の右腿裏のハムの違和感具合といったら酷いもので過去最悪でした。
少し動かすだけでもヤバい気配・・・とにかく安静に努めました。



日曜練 青梅~風張峠檜原側から~青梅 87.63km 3:05:06 28.4kph 1,291m↑

C9gIjCSUQAA7dtP.jpg

前日のコースを今度は逆から。最近は”とみもり”とか”みんもり”とかも呼ばれる
檜原側からのかざっぱり。
上川乗あたりで抜かれたまだ自転車歴の浅そうな若い方を追っかけ・・・
追いつけない!全然差が縮まらないw
いくら自分が鈍っているとはいえ、いい感じの一定ペースで上るなあと眺めながら
じわじわ追走して都民の森の手前でようやく追いついたので挨拶して一緒に山頂で小休止。
自己紹介したら私のことを知っていた様子。
主に”スイーツ食べまくって体脂肪全然減らない”こととか。よく知ってるなー(;´∀`)
役場前から山頂までのタイムと自転車歴を聞いた限り1年後にはチャンピオンクラスで
走ってるかもしれないのでマークしておこう・・・

この日も痛み違和感なく無事完走。
しかも練習後もそれほど違和感は強くなくホッとしました。
帰宅後TLをチェックするとツールド八ヶ岳はやはりたなかさんが優勝。
飛ぶ鳥を落とす勢い、というか彼が飛ぶ鳥です最早。
参加選手の話によると今年の八ヶ岳は風が強かったのと
序盤からマトリックスのP1勢がエゲツない牽きを披露したらしい。
本当に今年のマトリックスは仁義ないのか('A`)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント