Zwiftレースやり過ぎたその果てに

十分な休養を取らずZwiftレースに出まくる生活を2カ月続けた結果。

パワーは下がる一方/(^o^)\

ついに故障発生/(^o^)\

右足がおかしいです。正確には右ハムストリングの膝側付け根付近
まだ一度も攣ってはいないですが、そのまま無理に運動を続けたら本当に攣るのか?
わかりません。
足から「あ、やばい」ってサインが発せられた瞬間本能的に足から力を抜いて
ペダリングを止めてしまう。
それほど強いサインが出るのでそれを無視して踏み続けるのは
とても怖くてできません(;´Д`A
ここ一週間は日常において歩行時、作業時も頻繁に違和感を感じるレベル。
右足が十分な働きができないから左足の疲労も貯まってくるしそもそも全身疲労感が
強くて心拍160あたりが180近くに感じるし。
1週間単位で休まないといけないんですがZwift中毒者ゆえ、禁断症状との戦いです。
せっかく58㎏が見えてきたのになあ・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

インターバル練習でヒルクライムに対応できますか?

はじめまして。
まだまだヒルクライム始めて4年目の者です。
今は仕事もありなかなか時間が取れずに固定ローラーでの短時間高強度ばかりです。
2分走10本でインターバル1分を継続しているのですがヒルクライムレースにて対応出来ると思いますか?(年代別レース)(今年は初めてヒルクライム大会に出る予定です)
強度は最大心拍90%です。
パワーメーターが無いためすみません。

No title

>柔整師さん

もちろん高強度インターバルトレーニングで対応できます。
パワーを付ける目的なら今やっているメニューを中心に据えたままで問題ありません。
ただリラックスした状態で高いパワーを出し続けるトレーニングも週に1度は
やると良いと思います。
パワトレ用語ではSSTと呼ばれるようなゾーンですから最大心拍189の私なら
まあ心拍150~165で30分というところです。
ペダリング、フォーム、リズム、呼吸を意識してなるべく身体の力を抜いてリラックスしてやります。

No title

ありがとうございます。
練習は独自でやっているためアドバイスをありがとうございました。

2分ー1分のインターバルを継続していきます。

私の場合は3日練習したら次は休みを取り入れています。
実走前日も休みを入れています。