Zwift山篭りとMIO VELO購入

月曜のZwift練で手動でコースを選択していけばEpicKOMを15分間隔くらいで
リピートできる周回コースになることがわかりました。
火曜練ではそれを利用して山篭り。


EpicKOM 1本目 20分48秒 303W
     2本目 22分38秒 272W 
     3本目 23分33秒 253W

約2年使ってきたMIO Linkが壊れたので心拍データは無し(´・ω・`)

晩飯後にマウンテンルートのレースがあったのでそれに参加して
この日4本目となるEpic登坂。Epic上った後にラジオタワーを上って下って
下りきってからはフラットルートと同じコースでゴールまで。

ZHR UP&DOWN Race 3位 50分 268W (EpicKOM区間20分53秒)

DSC_1587[1]

1位の人は海底トンネルの段階で抜け出してEpicの登坂に入る頃には見えなく。
確かアメリカのアマレース界のマスターズクラスで入賞常連の人。圧倒的です。
こちらは序盤から後続集団の中からマイペースで抜け出してほとんど単独。
城中庭抜けてから一人追いついてきたのでしばらくその人に憑いて頑張ってみたけど
スノーシェッド抜けたあと限界になり付き切れ。
「Zpowerのプレイヤーは別ゲー」だと思ってるけどカテA相当で走るならパワメ
持ってこいこのヤローといいたくなる気持ちはあります。対戦ゲームなので(#^ω^)
それ以降は4位の方の追走ペースが良いので緩めるわけにいかず必死で3位ゴール。


心拍計は頻繁にコネロスして143bpmとかに。実際は50分170bpm近かったはず。
心拍計無しだとZwiftではZwiftPowerでチェック付けられたりするのでamazonで
MIO VELOを注文してみました。注文から約13時間で到着。
MIO Linkとの違いはスマホとAnt+で送信きるというくらい。
2年前にガーミンの胸バンド式からMIOに変えて以来もう胸バンド式とか
考えられないくらい腕時計型心拍計に惚れ込んでます。
精度高いし反応もいいし異常値滅多に出ないし読み取らなくなることもない。
胸バンド式のように水で濡らしたり付けるときにヒンヤリすることもないw
胸バンド式では当たり前だった様々なストレスから解放されて手放せません。
欠点はMIOに関しては稼働時間が6時間ほどなので短時間の練習にしか使えないこと。
自分にとっては心拍計はローラー専用ツールなので問題ないですね。

DSC_1590[1]
DSC_1595[1]


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント