2016実業団赤城山ヒルクライムE2に参加しまして

栂池のヘルメットJCFシール忘れに続き今回は競技者登録証忘れを
かましペナルティ6千円を払いましたとさ。・゚・(ノД`)・゚・。

JPTの前橋クリテはゴールの瞬間にギリギリ間に合わなんだ。
トップ選手がスプリント体制で最後の直線に入る前の最終コーナーを
どんなスピードで曲がるのかそれが見たかったのに
チェックインしてデレステしてる場合じゃなかった。

CtGQ0bGUEAAWwEt.jpg


22日の時点で体重が59.1kg 体脂肪率17.8% 内臓脂肪4.5 と
割と絶望的な数字になってたので疲れ残ろうが知ったことかと
今回はテーパリングする余裕もなくローラーで毎日へとへとに。
それで24日の遠征出発前&昼飯前で58.8kg 15.4% 内臓脂肪4 だめじゃん。
前橋でのディナーは登利平で上州豚の炙り御前とキャラメルサンデー。
とり弁当松はもんけっけで食べましたからね。豚もなかなかでしたよ。

CtG65qaVIAI0g8D.jpg
CtG_58eUMAAmHI5.jpg

21時就寝3時半起床。よく寝れたけど前日の車移動で乗り物酔い発動。
日を跨いでもまだ気持ち悪い・・・
それ以外は脚は回復間に合ったし(レッグリフレと温泉のおかげ!
まあやれるだけやってみましょって気分でスタート!(いきなりかよ
あ、今回の機材はアレー+前後シャマルでサイコン無しです。写真撮り忘れたけど。

初開催となる実業団赤城山HCはまずP1がスタートしてその5分後に
なんとE1、E2、F(総勢200名ほど)が同時スタートという
実業団レースでも過去殆ど例がなさそうな形式に。
なんせ序盤緩いですから、確か時沢神社通過後に集団後方から
歓声というかどよめきが起こったんですがE1、E2の大集団の右端を
Fの強豪女性選手たちがグングン抜いていって集団の先頭付近まで
駆け上がっていく姿は、なかなか貴重なシーンを見れた気がしました。
あと、その前か後か集団前方でメカトラ起こして集団ど真ん中をバックファイア
してくる選手がいて皆緊急回避したんですがチェーン落ち&チェーンサックした
LinkTOHOKUのミヤケンさんでした。E1の入賞候補なのに残念だなあ・・・

旧料金所までは予想外のスローペース。予想してた弱ペダチームの
カチあげが無い。それどころか旧料金所過ぎてもテンポペースが続きます。
しかし体調に不安があった自分にとっては苦痛に体をゆっくり慣れさせるのに
持って来いのペースで随分助かりました。
ローテ入って集団牽いたり他の選手に合わせてちょこっと飛び出し気味に
先頭立ったりして遊んでたら後方で「ガシャーン!らくしゃあああ」
というレースで一番聞きたくないアレが聞こえてきて上毛レーシングのあつし君に
いや~先頭に出てて助かったわーなんて話かけたり。

実は序盤でスペードエースの藤田選手が逃げて逃げ続けてたんですが
誰もそれに気付いていないL3まったりペースな状況で
姫百合コーナーより1kmくらい手前かな。勾配きついところで去年のエキスパでもあった
E1の星野君のアタックから展開が動きます。
ついてったのはE1のチームメート岩倉さん、そしてE2のあつし君。
しかしすぐに二人とも星野君のペースについていけなくなり単独走に。
そのあつし君に飛びついてしばらく二人でローテして逃げてみたんですが
姫百合コーナーの平坦基調のとこで集団に追いつかれちゃいました。

とはいえその時点で集団は8人(E1が4名、E2が4名)
顔見知りはLinkTOHOKUのよっしーさん、湾岸ユナイテッドの折橋君。
自分は8人の中で脚が残ってない方だったので基本後方でお休みモード。
そろそろ勝負かかるかなーというタイミングでボトルに口つけた瞬間でした。
よっしーさんがアタック!すぐにあつし君が追従。
集中して警戒してればすぐに動けたでしょうが虚を突かれた上に
そのミスを帳消しにできるような脚は残っていなくて
2人が抜け出してあっという間に2~30m差に。
抜けた2名のペースが落ち着いたところで一度単独ブリッジを試みましたが
空いた距離の半分も詰めれず失速。
しかし集団のセレクションにはなったようでE1の公文選手と河合選手にと私の3人に。
前方ではあつし君のペースについていけなくなったよっしーさんが千切れて
マイペースに切り替えている。でも追走3名もきつくてペースが上がらない。
自分はといえばここからアタックしてもあつし君には絶対届かないと思ったので
L3ペースに落ちたE1のお2人にコバンザメして最後の直線入ったとこで
スプリント開始してついでによっしーさんもかわして2位ゴールでした。

赤城山ヒルクライムE2 2位 タイムは載せません。一般とスタート地点
                  違うんだもの。着だけが大事。

何とか1年がかりで。3レースでE1昇格を決めることができました。
しかし3位、6位、2位と情けない成績で・・・スカっと勝つことができませんでした。
まあ去年のことがあるからそう感じるだけでこれが本来の自分らしいリザルト。
芸風なのです。
それにしても実業団赤城はL2~L3とL5しかないような印象でした。
全体的にはこんなんでいいのってくらいペースが緩くて上がるときにガツンと上がる。
聞いてた通りの実業団ヒルクラあるあるでした。

表彰式が90分も前倒しになったので優勝したあつし君が間に合わず2位の私が
準優勝インタビューを受けましたww

14446021_675539115938289_3985629140943279403_n.jpg
14470546_675539145938286_6355892970445601665_n.jpg



スポンサーサイト
プロフィール

toretatenotamago

Author:toretatenotamago
東京青梅市のサイクリスト
男性/30代
脚質:ヒルクライマー
所属:成木フェニックスCC
   BearBellRacingTeam
   竹芝サイクルレーシング
Twitter:@toretama_npcc

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
来た?見た?
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR