来た、見た、賞金貰った!2016東京HC成木ステージ

男女の総合優勝者のみに賞金10万円という大盤振る舞いとなった
今年の東京ヒルクライム成木ステージ(通称成木ヒルクライム
女子ではなんとビックリ、女子自転車界期待の星”梶原悠未選手”が参加。

男子では東京ヴェントスの平野君と米内君という去年の実業団E1で
数々の優勝入賞を飾り今年からP1で走っているコンビが賞金を狙いに。
そして日の出HCでもバトったMIVROの岩島さん、チームメートのパラ君
アクアタマのゴト吉さんなどお馴染の面々でハイレベルな戦いが予想されました。

私はといえば火~木曜の3日間がオーバーワークだったようで不調に・・・
金曜はAR30分。土曜は仕事から帰宅したあと気力体力ともに消耗していて
支度する気にもなれない(;´Д`)
ちょっと椅子に座ってから立ち上がる、それだけで立ち眩みが起こる良くない兆候。
今血液検査したら確実にヘマト値が低いだろうなあという疲労感。
こんな時は食うしかないとアイス、チロルチョコ6個入りパック、そしてドーナツ2個
をおやつに。スーパーで売ってましたがヤマザキデイリーで売ってるやつですね。

CjhBXa4UkAA7vDM.jpg

この日は昼飯前に測った体重が57.2kg 体脂肪率13.3% 内臓脂肪3.5
夜に若干体調が持ち直してきたのでローラー50分ユルユルと。
ジロデイタリアの中継を見ながらベッドでうたた寝してたらいつの間にか寝落ちして
4時半起床。
朝飯はご飯一膳にふりかけとロールパン4個に蜂蜜塗りたくり。
会場が近いので7時からローラーアップ。
アップの内容はN部コーチ作成のやつを初めて試してみました。
が、心拍120まで上がるともうキツイ・・・
ある意味家でのこのローラーアップ序盤が今日一番心が折れそうになった瞬間でした。
こんな状態であのコースをあの気温の中走るなんて無理だし・・・もうDNSしよう
と折れかけましたが仮にも無料エントリーさせてもらっている身なので
気力でローラーアップ完遂してシャワー浴びて出発。

会場に向かう間もどんどん他の参加者に抜かれていく鈍行ぶりw
会場では知り合い、友人に挨拶してたらあっという間に整列時間に。
今年もやはり暑い!特に整列始まってからの2~30分の日差しの照り付けがハンパない。
最前列に並んでいたんですがふと横の歩道を見るとなんとMTBのプロライダー池田さんが!
同じ自転車コーキ屋仲間として応援に来てくださいました。
ヴェントスの平野君もそうなので3人で記念撮影\( 'ω')/

13312812_10154249434101151_4328562672956134382_n.jpg

パラ君も写ってますが彼はなんと第2スタート。これはゴール後知りました。

10時きっかりにレーススタート!と同時にトライアスロン系の選手がもの凄い
スタートアタックで飛び出していきます。
「あれは最後まで持たないしそもそもスピードあり過ぎてつけない」と判断しスルー。
先頭スタートだったので私はゆっくりと入ったんですが
早速超合金岩島さんのデカいおケツと太ももが私の右横をビューンと通過して
ペースを上げていきます(゚Д゚;)
体調的には集団内でヌクヌクしたかったんですがあの立派なおケツに遅れちゃ
なんねえとすぐに食らいつきますがクライマーにはキツイペース(><)
焦りましたがほどなくペースを落としてくれて先頭交代を促したので再び先頭に。
その後はヴェントスの二人もローテに加わって前半の平坦区間はこの四名でペース上げ上げ。
成木HCの前半区間としては自分の経験では過去最も速いペース、しかも結構な割合で私が
牽いていたので内心「この暑さの中のっけからこのペースじゃ林道入った途端すぐ終わるんじゃ」
と不安で仕方ありませんでした、でも
「前に一人逃げてるのいるけどどうせ持たないから!ペースで回してきましょう!」
とか平野君に声かけられちゃうと気分乗っちゃいますわー(;´∀`)
後ろ見てないけど集団は一列棒状だったようです。

レースは成木の家前を通過しいよいよ林道区間へ。
まだ民家が並ぶ区間で単独先行していた選手をかわし、優勝候補の選手たちによる
本格的なヒルクラバトル開始。
まずは平野君&ゴト吉さんの二人が先行し、追走集団は私が先頭固定で5m~8m差くらいで追走。
過去のこのレースでの経験と今日の自分の体調からこのレースの林道区間では
前は追わない、いくらでも離してどうぞ、あくまでマイペース維持と決めていたので
自分のペースで淡々と上りました。
時折岩島さんが前に出ることもありましたがほとんど自分が先頭固定で
後ろに何人付いてきているか気にはなりましたが敢えて見ませんでした。
ドラフティング効果も少ない勾配だし、ペース落として人の後ろで休んでしまうと
それまでの良いリズムが崩れてしまう。
牽かされることよりもそっちの方が怖かったので。
ただチームメートが逃げててツキイチokで後ろで力貯めてる感じの
米内君がかなり不気味・・・

正直もっと早い段階で離されると予想してたんですが意外と平野ゴト吉両名とも
その後ペースアップはなく等距離のまま推移。
私は最後まで垂れないで済む&この距離保ってればラスト1㎞で本気で踏めば
追いつけるという射程圏内を維持するペーシング。
すると残り1.5㎞辺りの10%超が続く区間でゴト吉さんが落ちてきて先頭は平野君単独。
一瞬勾配が緩んだところで私がちょっと踏んで平野君に追いつき、
名物の太鼓の応援がある箇所で前に出ました。

Cjm0XPHUUAAg9ze.jpg
Cjm0Rg2VEAACr_3.jpg

そこから連続スイッチバックの区間で完全に先頭に。
全く振り返らなかったのですがどうやらここで平野君はペースダウンしたらしく
ラスト1㎞標識を通過する前に振り返ったらヴェントスはヴェントスでも
平野君から米内君にチェンジ!
あ~脚貯めてた怖い人が来ちゃったよ!と思いましたが
アタックに追従する脚もスプリントする脚もまだ何とか残ってるしラスト1㎞
この強豪選手とのマッチアップ一歩たりとも引けない!
と覚悟を決めてそのまま後続に追いつかれないであろうペースを刻み続けます。
ここからゴールまでは私の一本牽き。
前出てくれないのかな?いつアタックするんだろう?ていうかゴール譲ってくれる?w
なんて思いを目力に込めて米内君をチラチラ見て警戒してたんですが全く状態が伺しれません。
ラスト500mを過ぎ「ここでアタックされたら嫌だなあ」と思っていた区間も過ぎて
ここでようやく「勝てるかも、賞金ゲットできるかも」という希望が湧いてきます。
そして、このコースでスプリント開始するならここからだろうと
昔から”知っていた”タイミングでスプリント開始!
気合いが入り過ぎてギアを重くし過ぎてリア浮きまくって文字通り気合いが空回り気味
でしたが無事先着して勝利の雄たけび!

東京ヒルクライム成木ステージ総合優勝(三連覇) 24分18秒

13325464_620429784782556_3442278600625318833_n.jpg

いや~サイコンつけてなくてタイムわからなかったので第二スタートのパラ君との
総合タイム差がどうなってるか、下山後に主催者様から教えてもらうまで
生きた心地しませんでした(;´▽`A``
結果的には2位米内君、3位岩島さん、4位生天目さん、パラ君は5位、6位ゴト吉さんでした。

ゴール後のレース談義で米内君から、私が凄い良いペースで追走集団のペーシングを
していて流石このコースを熟知していて上手かったと褒められたのは嬉しかったですね。
ラスト1㎞はきつくて前に出れなかったのとゴール直前はスプリントで並びかけてかわすには
狭かったのでもっと早く仕掛けないといけなかったとも言っていたので
そこもやはりこちらに地の利がありました。

過去4回この大会には出ていますが一度も”実力が出し切れた”と納得のいくレースが
できたためしがなく、今回こそはと体調の悪さを気合いで跳ねのけてやっとこ
ベストなレースが出来ました。会心の勝利!と言っていいです。


今回の機材:BURA SL
先週のハルヒルからの変更点はボトルとボトルケージ外してるくらい。
実はまだ一度も完成車重測ってなかったんですがこの状態で5.75kgでした。
アディクトに比べてシートポスト、ステム、タイヤ、バーテープに重いパーツを使用しています。
アディクトの最軽量値は5.54kgだったのでやや重くなってます
が、もっと重くなると思っていたので意外と軽いな~という感想ですね。

13308341_620429858115882_2534716350165273496_o.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

toretatenotamago

Author:toretatenotamago
東京青梅市のサイクリスト
男性/30代
脚質:ヒルクライマー
所属:成木フェニックスCC
   BearBellRacingTeam
   竹芝サイクルレーシング
Twitter:@toretama_npcc

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
来た?見た?
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR