2015ツールド美ヶ原に参加しました

土曜朝、遠征出発前の体重が57.5kg。またかい!ヽ(`Д´)ノ
でも今回は思い当たる節ありまくり。
なんせずっと週末予報悪くて宿キャンセルポチろうか悩む日々。
木曜なんかDNSする気満々でおやつに菓子パン2000kcal。
結局決断しきれないままでいたら金曜夜に予報が好転し降られずに済みそうな気配に。
最早取り返しのつかない体重とモチベーションで出発しましたとさー。

IMG_-xxpitu.jpg

一カ月しか経ってないけど何度来てもいいですね松本。
車中食は駅ナカで買った菓子パン、松本着いてもfiddleとベーグル花で菓子パンとベーグル。

IMG_-cajw5a.jpg

それが今回の夕食と朝食の予定。宿は駅そばのビジネスホテルで素泊まり。
少しでも体重減らそうと受付前に美ヶ原温泉側から美鈴湖まで上ってカロリー消費して
悪足掻きしてみました。体重はともかく調子良いのは間違いなさそう。

チェックインしてからスマホ充電しようとしたらランプが点かない!
充電ケーブル断線か?明日スマホ使えなーい(´Д⊂ヽ
そして晩飯にベーグルを食べるけど何だか無性に拉麺が食べたくなってくるし・・・
しかし既にベーグルで腹はいっぱいだし、今から食べにいくのは面倒・・・
で、7時半に早めに就寝したものの9時に起きてしまってからも悶々とする。
結局11時にコンビニに買出しに行って充電器と汁なし担々麺風のカップ焼きそばを補充。

DSC_0012[1]

これで気分がすっきりしたのか0時に寝て3時起床しました。
朝飯はfiddleのマフィンと汁なし担々刀削風麺。
朝風呂前に測ってみたら飯後体重56.5kgでベスト+1kgでした。
まあ入賞を狙うなら何とかなるかなというギリギリのライン。

レース当日の松本は天気予報大外れの初夏の陽気w ボトルもケージも持ってきてないよーw
ウツクシは軽めのアップで済ませることが多いのですがここでも少しでも体重減らすため
コース序盤1㎞だけを2本。アップなのに凄い勢いで上がっていく人がいるな~と感心。

そしてMCさんのアナウンスでスタート3秒前、2、1・・・・・スタート~って何だその間はw
すぐ前に並んでたぐんまちゃんがクリートキャッチミスったのはスタート合図のせいだなw

激坂区間は予定通り無理せずマイペースで。
激坂マニアの乾さんと星野君の二人が抜け出して先頭をきっているのが見える。
こちらはパパクライマーさんやミヤケンさんやアンカーの斎藤亮さんのすぐ後ろにつけて
時折離されても気にせず勾配が緩んだところで加速して再び合流するような走り。

おお、キツイのはキツイけど余力残した状態で2番手集団についていけているぞ(゚Д゚;)
ちょっと感動w
美鈴湖に到着すると平坦区間になるので先頭2名と一気に距離が広がる。
あの二人にペースで行かれちゃうとヤバいので後ろでヒラヒラしてた分の余力をここで使う。
下ハン持って一気に加速して再び上りが始まるまでブリッジの1段目ロケットを買ってでる。
上りに入った瞬間予定通り踏むのをやめて後はミヤケンさんやパパクライマーさんに後を
お任せして乾さんたちとの合体に成功。ここで集団は7名に。

このコースは美鈴湖から武石峠の山頂までが本当のレースというかヒルクライムというイメージ。
思ったより早く斎藤亮さんが千切れ、アクアタマの長谷川さんも遅れ気味。
実質的な集団最後方は自分でした。
今回ははなっからゴール前のラスト500mでの小集団ヒルスプリントで勝負という作戦。
ピュアクライマー相手なら自分が獲る!という自信があるので
ハイペースで進もうとスローペースで進もうと脚ためて着いていくだけ。
いや、ほら、UCIワールドランキングチャンピオンのバルベルデ師匠を見習ってですね。。。

集団のスローペースに痺れをきらしたかパパクライマーさんが8㎞地点のあたりで強めの加速。
結構長い時間ハイペースを維持して牽いてたのでここで長谷川さんが千切れて集団は5名。
後ろから観察してると星野君のペダリングやフォームが凄くリラックスしてて余裕がありそう。

時折ペース変化があるも淡々と進むなか、14㎞~15㎞あたりでしょうか
決定的な動きが起こりました。
5名の中では乾さんと星野君が前を牽いてペースを作ってたんですが
星野君がシッティングのままスス~っと抜け出していく。
わかりやすい急加速ではなくあまりに自然にペースアップしていったので最初は
何で彼と乾さんの間に距離が空いたのかわからなかったくらい。
しかし乾さんとミヤケンさん&パパクライマーさん&私の3人パックの間にも数m距離が空いたので
ここでようやくマイセンサーに危険信号が灯りました。
最後方でのんびりしてる場合じゃない!こいつはやべえぜ!とダンシングで急発進。
すぐに乾さんに追いつき、そこで休むことなくパスして先行する星野君を追いますが
相対的に距離が開くことになる下り基調や緩い勾配になると
これはもうダメかもと折れそうになるくらい距離が開いている(;´Д`)
アウターに入れるような勾配でもこっちがむしろ離されそうな勢い・・・

武石峠の分岐を越え、ついに上りパートで追いつくことも差を詰めることもできないまま
尾根伝いのアップダウン区間に突入。
この高速区間では更に距離が広がりもう星野君の背中が豆粒の大きさにorz
しかし諦めず全開で追走を続けてラストの上りへ。
ここで数秒は詰めたかな?でも最終的には21秒差つけられました。完敗です。。。

ツールド美ヶ原チャンピオンクラス2位 1:02:36

久しぶりに悔しい敗北でした。
中盤までは「このビッグレースを勝てるかもしれないと」手応えも感じていただけに。
脚に余裕があったのに上りパートももうすぐ終わろうかという重要局面で
いつまでも最後方に位置したままで、余裕がありそうだった星野君のそばに
位置取りを変えなかったこと。
その消極的で危機意識の足りない走りに激しく後悔しました。
そうしていても勝てなかったかもしれませんが 「やらない後悔よりやる後悔」 まさにこれ。

星野君は何と誕生日だったらしくバースデーWIN。そら勝つわwwww

FB_IMG_1435543087964.jpg

まあでも最高に楽しいレースだったのは間違いありません。
これぞヒルクラの醍醐味!って内容でした。
FUNRIDEの特集記事を読んでくださった方も多く、声をかけてもらえました。
そして賞品が、1位と2位だけ豪華!3位以下は水しか貰えないのは経験済み( ;∀;)

DSC_0023[1]

会場を後にして前の晩からずっと行きたかった麺処佐蔵で昼飯。味は期待ほどではなく(;^ω^)
久々にクリスピークリームドーナツも。うめえや。

DSC_0024[1]
DSC_0025~2[1]
スポンサーサイト
プロフィール

toretatenotamago

Author:toretatenotamago
東京青梅市のサイクリスト
男性/30代
脚質:ヒルクライマー
所属:成木フェニックスCC
   BearBellRacingTeam
   竹芝サイクルレーシング
Twitter:@toretama_npcc

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
来た?見た?
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR