群馬旅行で伊香保と赤城

だれだってあるんだろ~こころの~おくに~たからもののちず~♪

今年の”私の自転車こころたび”第一弾です。
初日は伊香保でゴール。二日目は赤城新道を上りました。

まずは初日の土曜。9時半青梅スタートで北上していき、ときがわのとうふ工房わたなべで
最初の休憩&豆乳ソフトぺろり(何度もときがわ来てるけど食べるの初めて

小川町や寄居町は春のこの時期走るのに最高なロケーションが何ヶ所かありました。
コンビ二で今川焼きやポテチを買って食べつつ(この時点でドリンクボトルが空に
本庄市藤岡市に入ると山が遠ざかり広い平野部に。
今回はなるべくわかり易い幹線道路をルートに選んだので信号ストップも増えてきます。
高崎ではスライムさんから教えていただいた六郎という和菓子屋さんで
赤飯饅頭2種類ゲット。柔らかい赤飯を甘い饅頭皮で包んでおります。

六郎の赤飯饅頭

美味しかったのでもっと食べたかったし持ち帰りたかったのですが
この時点で大分予定時間をオーバーしており、だんだん余裕がなくなってます。
しかも六郎を出てしばらくした後急にクリートが嵌らなくなりどうしたのかと思ったら
クリートが磨耗で折れていて更にタイムロス(;´Д`)
幸い高崎の街中ですからすぐに自転車店も見つかり再出発。
結局渋川に着いたのが4時、伊香保に着いたのが4時半。グロス7時間もかかってしまいました。

伊香保

伊香保に来るのは子供の頃以来。全く記憶に残っておりません(汗
伊香保に着いてからようやくドリンクも補給。
ここまで家で入れてきたVAAMウォーター1本分しか飲んでなかったので生き返るかのよう。

露天風呂

伊香保温泉露天風呂。お湯が出る水道がないので体は洗えませんw
茶色のお湯で鉄分たっぷり。鉄の臭いがプンプンします。

階段通り

伊香保といえば階段通りが名所。自転車は担いでます(;´Д`)ハァハァ

階段通りの中間地点

宿自体は渋川駅前に取ったので日が暮れる前に下山開始。
次に来るときがあれば竹久夢二記念館を絶対見学しよっと。
晩飯は渋川のラーメン処ハングリーで油そば。塩ダレでした。味はまあまあ

油そば

宿に帰ってチョコアイスやらレアチーズやら甘味を摂取し
明日は早いので早目に寝よう、、、としたんですが全然寝れない!
というか室温が暑い・・・空調はオートだから調整しようがないし
窓開けっ放しは風邪が怖いし。
結局外気温が下がる夜中になってようやく室温もましになり1時間ほど寝て起床。


群馬旅行2日目は赤城山の麓にある畜産試験場そばの交差点に向かいます。
麓といっても駅からそこまで結構上るんですが、そこから先はほとんど信号が
なくなるので赤城新道を練習で上る際はこの地点が定番のスタート地点らしいです。
前週からtwitterで群馬のヒルクライマーの皆さんと約束をしていたので
約束の時間のちょっと前に着くとすでに4~5名のサイクリストの姿が。

グンマーな皆さん

最終的にはヒルクラレース入賞優勝常連が8~9名ほどにヽ(゚∀゚)ノ
前日の土曜練習で皆さん大なり小なり疲労をかかえ
用事で練習には参加できない方もわざわざお見送りのために駆けつけてくれたり
集まって下さった皆さんありがとうございます(´;ω;`)ウッ…

スライムさんがちょっと遅れるとのことで
見送りの方々と別れ、畜産スタートで赤城新道を意気揚々と登坂開始!
したのもつかの間1km経たないうちに異常発生w
腿の内側の(縫工筋?)筋肉に攣り信号がががが
前日はなんともなかったし、この日も寝不足とはいうものの脚の疲労感はなかったのに
まだ追い込んでもいないのに練習開始して即攣る気配とか初体験w
山頂のゴール地点まで15kmもあって先は長いというのにどうやって耐えようか・・・
とにかく完全に攣ってしまったらその時点でこの日の練習は終了モードだし
何よりかっこ悪いので
なるべく軽いギアで筋肉への負荷を減らす戦術に。ケイデンスは90台で。
料金所前で最後尾ツキイチから先頭に上がってそこからは先頭で牽く流れに。
一人離れ二人離れ、気付けばシナノッチさんと2人に。
そして7km進んだ頃シナノッチさんとも距離が開いてきたのですが
ちょうどこちらの足攣りも更にやばくなってきて5回踏むごとに1回は
弱~強の攣り信号が走るようにアワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

たまらずもう一段ギアを落とし、当然ペースも落とし
なんとか攣らないようにごまかしながらフィニッシュ。50分12秒でした。
終盤は左足だけ脱力したダンシングが功を奏して多少ペースをあげることも出来ました。
こんなテクニックほんとは使いたくないというか水分補給と睡眠は大事だなと改めて。。。

シナノッチさんゴール

シナノッチさんゴール!

とつかさん

とつかさんゴール!

まだ山頂のレストハウスは空いてなかったので山頂には長居せず下山したら
登坂中のスライムさんとスライド。
上で時間をつぶして合流するとのことで我々はスタート地点まで下山し
1本で終了の方々とも別れ私とシナノッチさんの2人だけで2本目開始。
補給とマッサージで筋肉に刺激が入ったのか攣り信号は鳴りを潜めたので
2本目は最初から最後まで全開で追い込んで49分52秒。

味噌饅頭補給

シナノッチさん、スライムさんとお店でお饅頭とお茶をいただきました。
スライムさんからは珍しいお土産もw
お饅頭は地元のチャーちゃん饅頭を思い出す味でした。
でもここの味噌饅頭の味はチャーちゃん饅頭にはないかな?
2人とはここで別れ前橋駅のロッカーから旅の荷物を回収し、高崎まで自走して八高線で帰宅。

やっぱり自転車旅はいいですね。時間の余裕があればもっとのんびりできるんですが
仕事の都合上土曜はどうしても忙しなくなってしまうのが残念です。
群馬は温かい人たちが多かったです。次は6月後半にこれるかも?今から楽しみです。
スポンサーサイト
プロフィール

toretatenotamago

Author:toretatenotamago
東京青梅市のサイクリスト
男性/30代
脚質:ヒルクライマー
所属:成木フェニックスCC
   BearBellRacingTeam
   竹芝サイクルレーシング
Twitter:@toretama_npcc

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
来た?見た?
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR